先輩の声
Voice of the senior

宮本恵美子職歴8年

テレフィットに入るきっかけは?
別の会社で学生バイト中に、テレフィットの仕事を見て興味を持ちました。
上司や先輩はどんな人ですか?
個性的な人がたくさん居ます。
いろんなジャンルの仕事がありますが、知識豊富な上司に助けて頂いています。
現在はどのような番組に携わっていますか?
バラエティ番組です。
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
デザイナーの考えを尊重しつつ、自分なりの考えを足して、それが喜ばれた時。
次の仕事へのモチベーションに繋がります。
仕事で苦労したことは?
未来や宇宙など非現実的な世界観で、小道具の発注があった時。
この仕事の魅力とは
過去から未来まで、いろんな世界を自分の考えで手掛ける事が出来る事です。                               

石川将太職歴9年

テレフィットに入るきっかけは?
インターネットの業界関係の募集広告です。
上司や先輩はどんな人ですか?
いい意味で変わった人が多いです。
現在はどのような番組に携わっていますか?
歌番組と報道番組です。
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
飾ったセットが上手くいった時です。
仕事で苦労したことは?
アルバイトで入りたてで、ドラマの現場にベタ付きした頃。
今後の目標は?
道具の知識を増やす事と、後輩の育成です。
仕事に対するモットーは?
「会社の顔であるのを意識する」
「最善を尽くす」
この仕事の魅力とは
飾り方や道具に、自分なりの感性やセンスを出せるところです。                              

平内悠介職歴6年

テレフィットに入るきっかけは?
インテリア、雑貨が好きで、テレビの世界に興味があり、たまたま求人雑誌に掲載されているのを見て
上司や先輩はどんな人ですか?
色々、変わった人が多い
現在はどのような番組に携わっていますか?
ドラマ(連続・単発)が中心
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
自分で調べて考えたセットの中で、俳優さんが芝居をし、それが映像として全国に放映される事。
仕事で苦労したことは?
知識量の多さ
今後の目標は?
自身の向上もそうですが、後進の育成にも力を入れて行きたいです。
仕事に対するモットーは?
常に、新しいものを取り入れる
この仕事の魅力とは
いろんな人とのつながり                    

鈴木麻美子職歴 4年

テレフィットに入るきっかけは?
テレビの美術関係の仕事を探している時に、求人サイトで見つけて応募しました。
上司や先輩はどんな人ですか?
気さくで優しい。
相談、悩み、愚痴も聞いてくれる。
現在はどのような番組に携わっていますか?
バラエティと報道番組です。
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
飾りや作り物をしている時。
仕事で苦労したことは?
ドラマの作り物が上手くできなくて、何回も作り直した。
新規セットの飾りについた時、最初は何をやっていいのか分からなくて大変だった。
今後の目標は?
たくさんの経験を積んで、色々な作品に携わっていく事。
仕事に対するモットーは?
楽しみながら、誠実に。
この仕事の魅力とは
自分の飾ったセットや作った物が映像で残るところ。
仕事の結果が、目に見えて分かるところ。

森川 望実 職歴1年未満

テレフィットに入るきっかけは?
テレビの美術に携わりたいと思ったから。
上司や先輩はどんな人ですか?
個性的な人が多いです。
現在はどのような番組に携わっていますか?
バラエティ番組についています。
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
チームワークが取れて、スムーズに作業が出来た時。
仕事で苦労したことは?
思う様に動けなくて、周りの人に迷惑を掛けてしまった時……
今後の目標は?
チーフの番組を持つ!!
いろんな事にチャレンジ!!
仕事に対するモットーは?
当たり前のことを大切にする。
ケガをしない。物を大切に扱う。周りの空気を読む。
この仕事の魅力とは
自分のかかわった番組が、テレビで放送された時!                                  

辻 光久職歴19年

テレフィットに入るきっかけは?
元々この業界に興味があり、専門学校卒業後に別の仕事をしていましたが、そこを辞めてどうしようかと考えていた時に、求人誌で見て、軽い気持ちで面接に行きました。
上司や先輩はどんな人ですか?
異動も経験しましたが、それぞれの場所で周りの人は良い人々に恵まれたと思います。
現在はどのような番組に携わっていますか?
主にドラマです。
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
美術デザイナーさんや監督さんの意図に沿った飾りをした時。
さらに、自分の色を出せた飾りになった時です。
仕事で苦労したことは?
最初のドラマチーフの時に、飾ったセットに「生活感」が無いとダメ出しを言われた時や監督さんに怒鳴られた時。
結構、へこみました…… 。
今後の目標は?
自分にしか出来ない飾りをする事。
様々な要求に対応出来る能力を身に着ける事。
仕事に対するモットーは?
責任感をもって、最後までやり抜く。
無理な要求にも、全力で対応する。
この仕事の魅力とは
不規則な時間の仕事ですが、仲間と協力して一つの作品を作る事。
その中で、自分なりの個性を生かせるところ。                                 

佐々木洋平職歴16年

テレフィットに入るきっかけは?
「あの役者さんに会えるかも?」「あのタレントさんと話せるかも?」という超ミーハーな感じでした。
「芸能人に会って親や友達に自慢したい!」そんな軽いきっかけだったと思います。
実際入ってからは、その時の感情は何処へやら。小道具の奥深さに魅了され、番組作りに自分が関わっているんだという充実感で一杯でした。
上司や先輩はどんな人ですか?
楽しい方ばかりですよ!!20代~60代の幅広い社員が居ますので、あなたが今までに出会った事の無い様な人に会えるかも? もしかしたら、新たな親友や恋人も見つけられるかもしれません!
やむを得ず、先輩から厳しい言葉を投げ掛けられる事もあると思いますが、そこには「危ない!危険だ!」が潜んでいるからなんです。 厳しい言葉も愛情の裏返しと思って頑張りましょう!!
現在はどのような番組に携わっていますか?
日本テレビの看板ともいえる長寿番組を中心に、担当させて頂いております。
歴史ある番組に携われる喜びとは別に、自分の準備不足や不手際、緩慢な対応で番組に迷惑を掛ける訳には行かないという気持ちを強く持ち、取り組んでいます。
仕事がおもしろいと感じるのはどのような時ですか?
番組担当当時は、家族や親友から「番組見たよ!」「楽しかったね!」って言って貰える事でした。
今は、発注書や台本に載っていない小道具を自分の考えで用意し、実際に番組内で使用してもらった時、監督さん等から「ありがとう」と言って頂いた時が、一番やりがいを感じ、この仕事の面白い所だと思います。
テレフィット従業員は、より多くの「ありがとう」を言って貰える素敵な職場であり、会社なのです!!
仕事で苦労したことは?
よくこの業界は、労働条件が厳しい世界だと言われます。
確かに、過酷なスケジュールやタフな現場は、誰でも一度や二度は経験しています。
しかしその、そこでの苦労は別段大したことではないのです。仕事をより円滑に、かつ楽しく行う上で大切なのは"人間関係"です。先輩・後輩、スタッフ同士の関係のもつれがあっては、いい番組制作は出来ません。個の力を発揮する為にも、職場環境、人間関係が大事なのです。
今後の目標は?
部下に対する指示、指導力が求められる立場ですが、自分に自信が無く、後輩からの質問に的確な回答が出来ているかどうか不安な時もあります。 
より多くの小道具の知識を増やし、苦手の分野も逃げずに取り組んで行きたいです。 指示、指導力(リーダーシップ)には、その人の人間性も求められると思うので、普段の生活や職場での振る舞いにも注意していきたいと思います。
仕事に対するモットーは?
苦労して飾ったセットは裏切らない!
レスポンス(応答)の早い人ほど、仕事が出来る!
飾りは丁寧に!
バラシは速やかに!
飲みニケーションが最良の知識箱!
この仕事の魅力とは
テレビという媒体を介して、日本中のお茶の間に自分を表現できる事ですかね。
(自己満足の世界を楽しんでいます(^^♪)
そして何より、小道具の魅力の世界です。 私たちが普段生活している身の周りは、小道具達で溢れているんですよ。例えば、お茶碗やお箸ひとつとっても、様々な種類の物があり、色々な呼び名があるんです。
テレフィットに入ったら小道具の知識が増えるだけでなく、いつも見るテレビの裏側を知る事が出来るんです。
「このドラマのあの部屋はどうなっているんだろう?」「このコントの仕掛けはどうなっているんだろう?」等々……
きっと、目から鱗の匠の技があちらこちらで体験できるはずです!                                  

pagetop